単身引越し ダンボール 平均個数

単身引越し時に必要なダンボールの平均個数はどれくらい?!

単身引越し時に必要なダンボールの平均個数はどれくらい?!お勧め一括見積もり

 

単身者の引越しは家族での引越しに比べると荷物が1人分しかないので、
荷物量が少なく簡単に行えます。
では単身引越し時はダンボールを平均何個くらい必要とするのでしょうか?

 

ここでは単身引越し時の段ボールの平均個数について考えてみましょう。

 

段ボールをどれくらい使うか迷う人は多い

引越しの時に、荷造り用のダンボールがどれくらい必要なのか
迷う方は多いでしょう。

 

特に引越しプランにダンボールが含まれていない場合、
自分で梱包用のダンボールを用意しなければならず非常に大変です。
単身者であればどのくらいのダンボールが必要なのかの
目安を知っておくことでなんとなくイメージがつきやすいでしょう。

 

単身引越し時にはダンボールをどれくらい使うの?その平均個数は?

単身引越しでダンボールを使用する場合、
その平均個数は10個前後が一番多いようです。

また15個以下の割合が8割近くをしめていますので、
10〜15個前後のダンボールが必要と把握しておくと分かりやすいでしょう。
また間取りで考えてみるとワンルームの場合で、
9個以下と10個と答えた人が30%以上と集中的に多い結果になっています。

 

ワンルームであれば10個前後のダンボールが多いのがわかります。
また1K〜1LDKであれば10個〜15個が50%を超えています。

 

単身引越し時に必要なダンボールの平均個数はどれくらい?!お勧め一括見積もり

 

年齢や生活スタイルによって必要な段ボール数は異なる

単身者の引越しで必要なダンボールの平均個数は
10〜15個が目安になるでしょう。
しかしその個数は引越しをする人の年齢や
生活スタイルによっても差はあります。

 

まずは見積もり時に荷物の量をしっかりと伝えて
どのくらいのダンボールがいるのかを把握してみるとよいでしょう。
またダンボールの数はダンボールの大きさによっても変わってきます。
大きなダンボールを使えば個数は少なくなりますし、
小さいダンボールを使えば個数は多くなるでしょう。

 

まずは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみよう

単身引越し時の平均ダンボールの個数や引越し費用の相場を知りたいのであれば
まずは引越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみましょう。

 

引越し見積もり無料一括請求サイトは無料で利用でき
365日24時間いつでも申込をすることができるので非常に便利です。
引越し前で忙しい場合でも時間を気にせず見積もりを依頼できますし、
1回の申込で最大10社からの見積もりを請求できるので非常に便利です。

 

見積もりを請求したらどこの業者が安いかを比較して、価格交渉をしてみましょう。
すると見積もりよりも安い価格で引越しができる場合もあります。

 

単身引越し時に必要なダンボールの平均個数はどれくらい?!お勧めサービス

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。